顎ニキビ

肌のケアの暇がない

肌のケアをしなくても肌が生き生きとしたみずみずしい肌の方もいますが、自身の周りを見渡しても分かるように40代50代になっても弾力のある若々しい肌の方は本当に稀です。

そういう方にいろいろお聞きしたことがあるのですが、何もしなくても肌に弾力がありすべすべしているらしいです。うらやましい限りですが肌は入れ替わってはくれません。何もしなくてもきれいな肌でいられる極少数の方以外は、できるだけきれいな肌でいるためにも日々の肌のケアをすることがとてもたいせつです。

肌は、日光、外気、化粧品、さまざまな化学物質などいろいろな刺激を外から受けています。なので、一日の終わりには肌を休められるようにケアをする必要があります。

ただし、実はケアをしなくてもきれいな肌のまま保たれている部分が身体にはあります。それは日光にふれにくいお腹やわき腹、おしりのあたりの肌のことです。この辺りはキメが細かいまま保たれていると思います。外気にふれにくい部分はきれいなままでいられるということは、やはり紫外線などの刺激の影響がとても大きいということなのでしょうね。

では、その影響をできるだけ少なくすればいいのですが、日光にも排気ガスにも触れないように全身を布で覆って生活をおくるなんてことは難しいので一日の締めくくりに肌のケアをして回復を早めるしかないんですね。

忙しくて肌のケアを出来ない方もたくさんいると思いますが、ケアをしないと肌の表面から潤いがなくなりカサカサになってしまいます。見た目には分からない程度のカサカサでも、積もり積もった影響はいずれは出てきます。この肌がカサカサの状態が続くと触った感じがしっとりでなくなり、さらに放置すると肌のトラブルの原因になってきます。

水分と皮脂で肌はバリアーを作っているので、カサカサの状態は刺激にとても弱い無防備な状態です。この状態だと、ちょっとしたことでニキビができたり炎症をおこしたりするので注意が必要です。

20代になり職場でも仕事を任されるようになると、自分の時間が減って睡眠時間が不規則になったりして肌のケアをすることがおっくうになることもあるでしょう。そんなときに顎の保湿が出来ていないとカサカサになり雑菌が入ることでニキビになってしまいます。、

20代以降で顎にニキビが出来る原因として多いのは乾燥なので、忙しくて時間がないとは思いますが、がんばって保湿をして肌を労わるようにしましょう。

関連エントリー

 
Copyright ©  顎ニキビの原因とケアの仕方 All Rights Reserved.