顎ニキビ

洗顔について

洗顔についてはいろいろな雑誌の特集や本、ホームページで紹介されていますが、ご存じのように全てが同じ方法を載せているわけではありません。今までの経験で良かったことを掲載していると思うのですが、まったく逆のことを勧めていることもあるので、どの方法がいいのかさっぱり分からないと思います。

どの方法を選べば良いのか迷うと思いますが、いろんな方法を試してみて自分に合った洗顔方法をすればいいと思います。その中でも気をつけた方がいい事の一つに洗い過ぎがあります。ようするに、ニキビを気にするあまり洗顔し過ぎるということですが、洗顔回数が多くなってしまうと、皮脂を取り過ぎで肌のバリアーがなくなってしまいます。

こうなると少しの雑菌でも肌を守れなくなり炎症を起こしたり、毛穴に汚れが入ってニキビになったりします。洗顔は汚れを落とすために大事なことですが、皮脂は残しておかなくてはいけません。もちろん、皮脂と汚れが混ざったモノは洗い流すべきですが皮脂を取り過ぎてはいけません。となると、洗顔回数が増えると皮脂を多く取ってしまうことになるので洗顔回数を減らしかないんですね。

帰宅したら洗顔するのは構いませんが、一日に何度も何度も洗うのは止めるようにしましょう。もちろん保湿剤で皮脂を補うことはたいせつですが、保湿剤に頼りすぎては肌本来の回復能力が弱くなってしまう可能性があるので、必要なときに必要なだけ使うようにしましょう。

関連エントリー

 
Copyright ©  顎ニキビの原因とケアの仕方 All Rights Reserved.